宇田法律事務所

受付時間:平日9時30分~18時 052-932-9327 時間外:090-3253-9327
不動産問題 Real Estate

目次

不動産業の方のために弁護士ができること

賃料の不払いへの対応

借主が賃料を滞納している場合,弁護士が滞納賃料を請求いたします。内容証明郵便等を利用して賃料を催促するだけでなく,弁護士が借主と直接交渉を行うことも可能です。

 

賃料の滞納が一定期間継続しているならば,なるべく早い段階で滞納賃料を回収するか,強制的に不動産の明渡しを受けることで,更なる未払い賃料の発生を抑え,早期に新たな借主と契約を締結できるようになります。

賃料の不払いへの対応
不動産の瑕疵に関する問題への対応

不動産の欠陥等の契約の不適合に関する問題への対応

不動産に欠陥等の契約の不適合があった場合,弁護士であれば,不動産業者が法的責任を負うべき瑕疵か否かを判断することができます。また,その欠陥等の契約の不適合について損害賠償を請求されていれば,その請求の当否についても判断できます。

更に,不動産の欠陥等の契約の不適合をめぐる紛争を回避するために,どのように不動産を管理し,どのような契約をすべきかなど,リスクを低減させるためのアドバイスを行います。

境界紛争への対応

境界紛争は,当事者だけで解決することが難しい紛争です。弁護士は筆界特定申請制度や境界(筆界)確定訴訟に精通しているので,境界紛争を適切かつ終局的に解決させることができます。

 

また,弁護士には,司法書士,土地家屋調査士等の他の士業との人脈があるので,それぞれの専門家と必要なときにスムーズに連携を行うことができ,境界紛争に対して着実かつ円滑に対応することができます。

境界紛争への対応
賃貸借契約書等の整備

賃貸借契約書等の整備

不動産の取引では,双方がどのような合意をしていたかが非常に重要です。また,普通賃貸借か定期賃貸借か,一時使用目的の賃貸借かなど,賃貸借契約の種類が違えば,当事者に発生する権利義務の内容が全く異なることにも注意が必要です。

 

こうした問題をクリアし,将来の紛争リスクを低減するには,弁護士に契約書の作成を依頼したり,作成しておいた契約書についてリーガルチェックを受けることが有効です。

case不動産に関する相談事例

不動産売買

考えられるリスク

不動産の売買では,契約後に不法占有者がいることが分かったり,思わぬ欠陥等の契約の不適合があったり,手付解約や融資特約をめぐるトラブルなどが発生したりすることが考えられます。いずれも適切に対応しなければ,問題が長期化・複雑化し,特に,瑕疵の内容が地盤沈下や土壌汚染である場合には莫大な損害の賠償を請求される危険があります。

リスクへの対策

不動産売買をめぐるトラブルへの対策として,契約書等の作成やリーガルチェック,売買の当事者(売主や買主,仲介業者)からのご相談を受け付けています。

 

 

 

 

不動産競売

考えられるリスク

不動産の競売では,落札後に,不法占有者がいることが分かったり,権利関係や瑕疵をめぐってトラブルの発生したりすることが考えられます。いずれも適切に対応しなければ,長期間にわたって,落札した不動産から収益を得られない要因となり,事業者のキャッシュフローを圧迫する危険があります。

リスクへの対策

不動産競売をめぐるトラブルへの対策として,入札前と落札後のご相談を受け付けています。

 

 

 

不動産賃貸

考えられるリスク

不動産の賃貸では,借主が賃料を滞納したり,契約終了後も立ち退かなかったり,また,立退き後の原状回復をめぐってトラブルが発生したりします。更に,立退きの時には,敷金・保証金の返還をめぐるトラブルも起こり得ます。こうしたトラブルが長期化すれば,新規の賃貸借契約の締結に悪影響を及ぼし,賃貸経営を圧迫する危険があります。特に賃料の滞納については,滞納額が増えれば増えるほど回収が困難になってしまいます。これらのトラブルが裁判に発展する可能性も大いにあります。

リスクへの対策

不動産賃貸をめぐるトラブルへの対策として,契約書の作成やリーガルチェック,賃貸借の当事者(貸主や借主,仲介業者,管理会社等)からのご相談を受け付けています。

 

 

 

 

不動産管理関係

考えられるリスク

賃貸住宅の管理では,家賃の滞納だけでなく,水漏れ・騒音・ペット等の近隣トラブルやリフォームトラブルなど,日常的に様々なトラブルが発生します。こうしたトラブルは対応を誤ると,賃貸オーナーまでをも巻き込み,管理会社と賃貸オーナーの信頼関係を損なってしまう危険があります。

リスクへの対策

管理会社を悩ませる様々なトラブルについてご相談を受け付けています。

 

 

 

 

マンション管理組合

考えられるリスク

マンションの管理組合では,総会の運営や修繕業者との契約等の事務,管理費の滞納や規約違反者への対応など,法的な知識・経験を要する様々な場面に遭遇します。これらは住民間の人間関係も絡んで複雑化しやすく,対応を誤って問題が長期化すれば,近隣関係に多大なストレスを与えることになるリスクがあります。

リスクへの対策

マンション管理組合から日々生じる様々な疑問,トラブル等についてご相談を受け付けています。

 

 

 

不動産関係の各種契約書

考えられるリスク

不動産の売買,賃貸,管理委託,担保権設定,地役権設定,地上権設定等の場面では,それぞれの状況に応じて適切な契約書を作成する必要があります。もし契約書に不備があれば,後にトラブルを生む原因となるので,注意が必要です。

リスクへの対策

契約の種類,設定する権利の内容等に応じて適切な契約書の作成やリーガルチェック,ご相談を受け付けています。また,登記関係についても,司法書士と連携し,スムーズに対応いたします。